実際の効果は?!飛沫防止パーテーションの選び方
2021/06/30 00:00

飛沫防止パーテーションとは?

飛沫防止パーテーションは、デスクワークでのスタッフ同士、または窓口や受付で顧客と対面した際、咳やくしゃみによる唾液などの飛散を防ぐことで感染のリスクを軽減するアイテムです。
2021年4月~注目を集めている「蔓延防止等重点措置」の中でも、施設へ要請する対策の一つとして、「アクリル板の設置等」が挙げられています。このように、飛沫防止パーテーションは注目度の高まっている感染対策アイテムといえます。

飛沫防止パーテーションは本当に効果がある?

飲食店や受付など、見かけることが多くなった飛沫防止パーテーションですが、実際にはどれくらい効果があるの?と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、ニュースでも話題になった理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」による飛沫のシミュレーションをご紹介します。

この動画によると・・・

動画のポイント

  1. 仕切りが顔の高さより低いと効果が小さい。
  2. 強い咳を2回すると5万個の飛沫が拡散。小さなしぶきは霧のようになり落下しない。
  3. 140cmのパーテーションを使用した場合、周囲にはほぼかからない。
  4. パーテーションが頭の高さまであると、効果的。

引用元 朝日新聞社「仕切り板、顔より低いと効果小 スパコンで防止策を解析」(2020年6月3日)

飛沫防止パーテーションを選ぶポイント

理化学研究所のシミュレーションから、頭の位置よりも高いパーテーション・仕切りは効果が大きいということが分かりました。よって、パーテーションの高さは重要です。
さらに挙げられるポイントとして、設置場所・用途に合ったパーテーションを選ぶことが重要です。

パーテーションの高さ

パーテーションが頭の高さまであると、効果的というシミュレーション結果から、設置場所に合わせた高さを選ぶ必要があります。
オフィスでのデスク間に間仕切りや、飲食店、受付カウンター等、基本的に着席して利用する場所に設置する場合は、高さ580mm~のパーテーションがオススメです。
高さがポイント

設置場所・用途

業務中に、モノを受け渡しする場面があると想定される場所には、開口部分ありのパーテーションがオススメです。
また、オフィスや施設の受付など、きっちりしたイメージの場所にはアクリル素材のパーテーション、自習スペースやセミナールームなどでは、コの字型のパーテーションが人気です。用途に合わせて、素材や形状を選択してはいかがでしょうか。
開口部ありパーテーション

素材で選ぶ!パーテーションの特長

アクリル素材

  • 透明度が高くクリアな視界
  • 高級感がある
  • 厚み・重量がある為倒れにくい
  • アルコールでの清掃が出来ない
清掃には次亜塩素酸水や中性洗剤をご利用いただけます。
 
アクリルパーテーション

透明PET素材

  • アクリル素材より安価
  • 軽量で持ち運びカンタン
  • 落としても割れない
  • アルコールでの清掃可能で廃棄もしやすい
清掃には次亜塩素酸水もご利用いただけます。
 
PET素材パーテーション

スチレン素材

  • 安価
  • 軽量で持ち運びカンタン
  • 空間に合わせて色を選択可能
  • アルコールでの清掃可能で廃棄もしやすい
スチレンパーテーション

ダンボール素材

  • 安価
  • 軽量で持ち運びカンタン
  • 廃棄しやすく環境にやさしい
段ボールパーテーション

売れ筋商品一覧