実際の効果は?!飛沫防止パーテーションの選び方
2021/06/30 00:00

飛沫防止パーテーションとは?

飛沫防止パーテーションは、デスクワークでのスタッフ同士、または窓口や受付で顧客と対面した際、咳やくしゃみによる唾液などの飛散を防ぐことで感染のリスクを軽減するアイテムです。
2021年4月~注目を集めている「蔓延防止等重点措置」の中でも、施設へ要請する対策の一つとして、「アクリル板の設置等」が挙げられています。このように、飛沫防止パーテーションは注目度の高まっている感染対策アイテムといえます。

飛沫防止パーテーションは本当に効果がある?

飲食店や受付など、見かけることが多くなった飛沫防止パーテーションですが、実際にはどれくらい効果があるの?と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、ニュースでも話題になった理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」による飛沫のシミュレーションをご紹介します。

この動画によると・・・

動画のポイント

  1. 仕切りが顔の高さより低いと効果が小さい。
  2. 強い咳を2回すると5万個の飛沫が拡散。小さなしぶきは霧のようになり落下しない。
  3. 140cmのパーテーションを使用した場合、周囲にはほぼかからない。
  4. パーテーションが頭の高さまであると、効果的。

引用元 朝日新聞社「仕切り板、顔より低いと効果小 スパコンで防止策を解析」(2020年6月3日)

飛沫防止パーテーションを選ぶポイント

理化学研究所のシミュレーションから、頭の位置よりも高いパーテーション・仕切りは効果が大きいということが分かりました。よって、パーテーションの高さは重要です。
さらに挙げられるポイントとして、設置場所・用途に合ったパーテーションを選ぶことが重要です。

パーテーションの高さ

パーテーションが頭の高さまであると、効果的というシミュレーション結果から、設置場所に合わせた高さを選ぶ必要があります。
オフィスでのデスク間に間仕切りや、飲食店、受付カウンター等、基本的に着席して利用する場所に設置する場合は、高さ580mm~のパーテーションがオススメです。
高さがポイント

設置場所・用途

業務中に、モノを受け渡しする場面があると想定される場所には、開口部分ありのパーテーションがオススメです。
また、オフィスや施設の受付など、きっちりしたイメージの場所にはアクリル素材のパーテーション、自習スペースやセミナールームなどでは、コの字型のパーテーションが人気です。用途に合わせて、素材や形状を選択してはいかがでしょうか。
開口部ありパーテーション

素材で選ぶ!パーテーションの特長

アクリル素材

  • 透明度が高くクリアな視界
  • 高級感がある
  • 厚み・重量がある為倒れにくい
  • アルコールでの清掃が出来ない
清掃には次亜塩素酸水や中性洗剤をご利用いただけます。
 
アクリルパーテーション

透明PET素材

  • アクリル素材より安価
  • 軽量で持ち運びカンタン
  • 落としても割れない
  • アルコールでの清掃可能で廃棄もしやすい
清掃には次亜塩素酸水もご利用いただけます。
 
PET素材パーテーション

スチレン素材

  • 安価
  • 軽量で持ち運びカンタン
  • 空間に合わせて色を選択可能
  • アルコールでの清掃可能で廃棄もしやすい
スチレンパーテーション

ダンボール素材

  • 安価
  • 軽量で持ち運びカンタン
  • 廃棄しやすく環境にやさしい
段ボールパーテーション

売れ筋商品一覧

コスト削減・楽々施工の「ノンアルミ複合板・ FJTパネルボードメディア」
2021/06/24 14:22

普段からアルミ複合板やスチレンボードを使用されている方や、短納期でスムーズに施工まで完了できる看板素材を探されている方にオススメです。

この記事はこんな方にオススメ

  1. 普段からアルミ複合板やスチレンボードを使用されている
  2. 短納期でスムーズに施工まで完了できる看板素材を探している
  3. 看板製作のコストダウンと時間短縮したい
  4. SDGsを念頭に置いた、エコな素材を探している

話題のノンアルミ複合板「FJTパネルボードメディア」とは?

アルミ複合板や、スチレンボードの代替品として選ばれている「ノンアルミ複合板 FJTパネルボードメディア」。アルミ複合板と同等の耐久性を持ちながらも、PET合成材のため本体が軽く、搬入や施工が各段に楽に行えます。
以下は、従来のアルミ複合板と「ノンアルミ複合板 FJTパネルボードメディア」で看板を5枚制作した場合の比較です。

FJTパネルボードメディア7つのメリット

制作コストダウンと作業時間短縮

看板製作の場合3~5割のコストダウンと時間短縮が期待できます。1枚あたりの製作単価もそうですが、施工費や配送費など大きなコスト削減が見込まれます。

パネルボードメディアのコスト比較

物流のコストダウン・時間短縮

  アルミ複合板 ノンアルミ複合板

送料

×
載積効率が悪く、送料も高くなる


小さく丸めて運ぶので、安価で済む

持ち運び

×
大人4~5人で運搬


大人1~2人で運搬

施工のコストダウン・時間短縮

  アルミ複合板 ノンアルミ複合板

施工時間

×
数日~数カ月かかる。


数分で可能!

施工コスト

×
職人の手配が必要。また、曲面への取り付けは、鉄板の曲げ加工が必要になり、さらにコストアップの可能性も・・


店舗スタッフにて、両面テープ貼り付けで施工完了!

撤去処分の容易さ

  アルミ複合板 ノンアルミ複合板

廃棄物の量

×
アルミ複合板に塩化ビニール樹脂シートを貼り付ける手法の場合、撤去後の廃棄物の量が多くなります。


小さく折りたたんで廃棄可能

廃棄コスト

×
量が多い分、コストもかかります。


撤去も簡単にでき、コンパクトに廃棄可能

事故や二次災害のリスクを大幅に軽減

  アルミ複合板 ノンアルミ複合板

落下事故

×
破損や落下した場合、重量があるため、大きな怪我や事故につながりやすい。


素材が軽いので、万が一の落下時にも怪我や事故に繋がりにくい。

火災の場合

-


可塑剤フリー、火災の場合も有毒ガスを発しません。

美しい仕上がり

ノンアルミ複合板は、アルミ複合板と比べても遜色のない仕上がりです。遮光性があるため、既存のサインの上から貼っても下地の柄が透けないため、キレイな仕上がりになります。 既存のサインを目隠しをしたい場合などにも便利です。薄い素材のため、平滑性はなく若干丸みを帯びるため、立てかけではなく貼り付けに適しています。

また、素材に直接印刷ができるため、最長30mまで一気に印刷可能です。駅構内やイベント会場などの長尺なサインでも継ぎ目のない、美しくインパクトのある訴求ができます。
長尺サインも美しい仕上がり

強度・耐候性もアルミ複合板と差異なし

厚さ約0.5ミリにも関わらず、強度はアルミ複合板と変わりがありません。また、専用ラミを使用した場合、屋外でも約5年間の耐候性を有してます。
高い強度

地球にやさしいエコな素材

廃プラ対策の一環としてアルミからノンアルミへ

一般的なサイン看板資材に多く使われている塩ビは適切なリサイクルが難しいと言われていますが、ノンアルミ複合板FJTパネルボードメディアは、塩素を含まないPET複合材である為、サーマルリサイクルが可能です。RPFの原料として再利用されることも想定しているため、資源の有効活用・地球環境の保全にも貢献できます。
プラスチックスマート

製作時・施工後のゴミを削減できます

撤去時のゴミの量が他の資材と比べ大幅に削減できます。また、メディアの剥離紙やアルミ複合板の端材やマスキングなど、製作時の廃棄物も大幅に削減できます。
ごみの削減

配送時のCO2の削減へ

小さく丸めて運べるため、一度に大量のサインを車にのせて効率よく運べるので、CO2の削減にも繋がります。以上の理由から、複数のSDGsの目標へ貢献いたします。
配送時Co2

ノンアルミ複合板、アルミ複合板、スチレンボードを比較

素材が柔らかく若干丸みがあるため、立てかけてサインを飾る場合はアルミ複合板の方が平滑性がありオススメですが、円柱や貼り付けを行う際はノンアルミ複合板のほうがコスト・手間・安全性・環境配慮においてメリットが多いです。

  ノンアルミ複合板 アルミ複合板 スチレンボード
安全性

平滑性

加工性

施工方法

意匠性

屋外使用

◎※

×

軽量性

材料コスト

トータルコスト(材・工)

出力(溶剤・Latex・UV)

出力(水性)

×

在庫所有面積

×

×

物流コスト

×

×

破損リスク

×

×

※屋内・短期野外以外での使用の場合は、奨励塩ビラミネート・屋外用 PET ラミネートもしくは長期塩ビラミネートをご使用ください。

印刷方法・施工方法

パネルボードメディアの印刷方法

水性、溶剤、Latex、UVプリンターに適応しています。プリンターにセットし、直接印刷が可能です。基本的に片面印刷のみ対応しておりますが、UVプリンターであれば両面印刷も可能です。

パネルボードメディアと通常サインの施工方法の違い

パネルボードメディア施工方法の違い

通常サインの場合・・・アルミ複合板とプリントされたインクジェットメディアをラミネートで吸着させ、ビス止めや強力な両面テープで壁に取り付けます。
FJTパネルボードの場合・・・取り付けるのはFJTパネルボードの一層のみ。素材が軽いので、両面テープのみでも安心です。

両面テープのみの施工で大丈夫??

素材が軽いため、両面テープのみで掲載可能です。屋外で使用する場合や、両面テープだけでは台風のときに不安、という方は今まで通りの施工方法でも対応しておりますが、専門的な知識も必要なく施工が可能です。

対応している施工方法
  • 両面テープ
  • ビス止め
  • シリコン
  • マグネットバー
  • ベルクロ
  • ハトメ加工
  • 円柱の場合は穴あけ・ゴムバンドで取り付け

導入事例

駅構内の案内サインや、円柱広告、曲面サイン、商業施設のサインディスプレイなど、アルミ複合板やスチレンボードの代替品として、屋外問わず幅広く活用されています。

【業種】小売業
【施工】窓の内側から両面テープ止め

【業種】小売業
【施工】四隅を両面テープで止め

【業種】立体駐車場管理会社
【施工】両面テープ貼り+コーキングボンドを使用

【業種】飲食業
【施工】屋外看板にてキャンペーンを訴求

耐水紙を導入したお客様へインタビュー【飲食・製造業編】
2021/06/22 00:00

耐水紙(パウチフリー)を導入し、クオリティ向上・作業の効率化を成功させたお客様にインタビューを行いました!

 

株式会社博多屋 品質管理室 池田様

飲食製造業
12年連続でモンドセレクション金賞を受賞している「博多献上辛子明太子」で有名な明太子製造業者。
導入製品

今回導入いただいた「耐水紙 パウチフリー」とは?

耐水性はもちろん、ラミネートフィルムと同等な強度を兼ね備えた汎用性の高い紙です。POPや飲食店のメニューなど、内容が変わる度に大量のラミネート加工が必要になりますが、耐水紙だと一般的なレーザープリンターにセットし、印刷ボタンを押すだけで面倒なラミネート作業が削減できます。

  • メリット1
    ラミネートする手間を削減!
  • メリット2
    材料費や人件費コスト削減!
  • メリット3
    簡単加工!様々なシーンで活躍

【導入経緯】 ラミネートが不要になる画期的なツール。

今回導入したラミネート作業が不要になる「耐水紙 パウチフリー」は営業部に教えてもらい、画期的な販促ツールだと思い、私が所属する品質管理室から商品開発室へ提案いたしました。用途としては、取引先のスーパーでの売場でラミネートされているPOPの代替品として使えるのではないかと想定しました。
いままでは手作業でラミネートを行っていたのですが、耐水紙は複合機にセットしそのままプリントするだけ、という点が魅力的でした。

ラミネートから耐水紙へ切り替えることで、POP作成の時間削減による業務効率化や、ラミネート加工の失敗による時間・素材ロスの解決に繋がればいいなと思い、導入に至りました。

【導入前のイメージ】 耐久性はラミネートと比べると…?

耐水紙とはいえど、一枚の紙なので、初めはどうしても見た目的にはラミネートフィルムで挟まれた紙のほうが水に強く強度もあるイメージがありました。弊社で取り扱っている食品は明太子なので、どうしても冷蔵ショーケース、またはその近くにPOPを置かなければいけません。水気が多く結露で紙が反ってしまわないか、という懸念点もありました

【導入後の効果】 耐久性問題なし!作業効率化へも貢献。

導入前は強度や反りに関して心配しておりましたが、実際導入してみるとまったく問題なく使用できることがわかりました。耐水性においても、水気の多いエリアで使用していても問題ありません。

また、ラミネーターを使っていたときはフィルムのズレであったり、フィルムと紙の間にゴミが入ってしまうこともありました。やはり食品を取り扱っておりますので、衛生面や見た目の観点からもPOPにゴミが入ってしまうのはよくありません。今後はその点も心配しなくていいので安心です。作業面でも、いままではコピー紙を一枚一枚ラミネートしていたため、複合機にセットし印刷するだけの耐水紙は手作業がほぼ必要なく、POP作成に失敗するリスクもほとんどないため大変便利だなと感じています。

【導入場所】 冷蔵ショーケースのPOPにご活用いただきました。

マットタイプの耐水紙はラミネートフィルムと比べると、店内の照明が反射しづらいので文 字が見やすいと好評です。

商品一覧