ラミネートフィルムの選び方

ここではラミネートフィルムの選び方についてご紹介致します。
ラミネートフィルムを選ぶときの大事なポイントは、大きく分けて3つです。


  1. 「用途」
  2. 使用するラミネーターに合わせた「サイズ」
  3. フィルムの「質」

当店のラミネートフィルムは3層構造の高品質フィルム!

通常のフィルムと高品質フィルムの違い

高品質ラミネートフィルム

高品質フィルムのメリット

  • メリット1
    糊もれ防止

    ラミネーターのローラーの汚れが少なくなり、ラミネーターの故障原因にもなるフィルムの絡まりがほとんどなくなります。 掃除の手間が軽減され、快適に作業ができます。

  • メリット2
    剥離防止

    ラミネート加工後、角から剥がれてくることが少ないので、長くキレイな状態を保つことができます。

  • メリット3
    カール防止

    フィルムがカールしにくいので、キレイな仕上がりです。

ラミネート不要!注目の耐水紙を試してみませんか?

今注目を浴びる耐水紙(パウチフリー)とは、レーザープリンタで印刷できる防水加工済みの印刷用紙です。 ラミネート加工と比較した場合、値段・価格面にて、トータルでコスト削減できます。

  • メリット1
    ラミネートする手間を削減!
  • メリット2
    材料費や人件費コスト削減!
  • メリット3
    簡単加工!様々なシーンで活躍

ラミネートフィルムのサイズから選ぶ

サイズの単位はA4、B5のような規格名と縦と横をミリメートル(mm)で表示しています。 例として、ラミネートフィルムのA4サイズは216mmx303mmになっています。 まわりに3mmの余白を作るためA4用紙(210mmx297mm)より6mm大きくなります。

サイズ別ラミネートフィルム商品一覧

サイズ 商品説明
A4サイズで一般的な大きさです。サイズ選びに迷ったらまずこのサイズからいかがですか?
A3サイズの加工に最適です。A4サイズを2枚並べて加工できるので、A4、A3と迷った場合に最適です。
B4サイズの大きな用紙をそのまま加工できる大きさです。大きなメニューやPOPに最適です。
B5サイズの加工に最適です。POPやメニューに加工しやすい大きさです。
企業のIDカード、名刺管理に最適です。また、お店や病院の会員カードにラミネート加工はいかがですか?
きっと、長くお客様に愛用していただける事間違いありません。
A5サイズを簡単にラミネート加工できます。大きなフィルムではないので、用紙に併せて加工する手間が省けます。
A2サイズのラミネート加工が可能です。メニューや大判のPOPに最適です。
A4、B5以下の小さなメニューや用紙を簡単に加工できます。新しいPOP用として活用できます。
写真の保存やブロマイド販売に最適です。E判、ブロマイドサイズと2種類を販売中です!
ロールラミネーター専用のロールフィルムです。大判や長尺POPの加工に最適です。
フィルムを縦に2枚つなげた、ロングサイズのラミネートフィルムです。
横長、縦長のPOP・掲示物を継ぎ目なくキレイにラミネート加工できます。

ラミネートフィルムを厚さから選ぶ

100ミクロン=0.1mm


  100ミクロン 150ミクロン 250ミクロン 350ミクロン
厚さ

0.1mm

0.15mm

0.25mm

0.35mm

特徴

最も一般的なフィルムで、最もよく使用されます。

やや厚めのフィルムで、反りにくく丈夫です。
100ミクロンより耐久性があります。

厚く、プラスチック板(下敷き)の様な仕上がりのフィルムです。専用ラミネーターが必要です。

特に厚いフィルム。プラスチック板の様な仕上がりのフィルムです。専用ラミネーターが必要です。

用途

料、掲示物やPOP、取り扱い説明書、各種カードの加工など。

お店のメニュー、各種カード、掲示物など。

看板や各種プレートなど。

看板や各種プレートなど。

一覧

カード系

診察券 一般カード IDカード
写真(E判) ブロマイド

ラミネートフィルム使用注意事項

床の装飾物には、「フロア用ラミネート」をご利用ください。
通常のラミネートですと転倒の恐れがあります。

また、加工物を切って使用する場合は、切り口で手などを切らないよう、十分にご注意ください。

ラミネートフィルム おすすめ人気ランキング