きれいにラミネートするポイント

9月決算応援キャンペーン開催中

きれいにラミネートするポイント

いくつかの簡単なことに気をつけてラミネートすると、失敗なくきれいにラミネートできます。また、ラミネーターも長くきれいにお使いいただくことができます。

加工物を奥まではさみ込んでください

ラミネートする紙を奥まで差し込み、必ずラミネートフィルムのシール部(接合部(先端から2~3mmまで))に押し当ててセットしてください。
余白をあけた場合、ラミネートフィルムが巻き込んでしまう恐れがあります。

ラミネートする素材の位置

ラミネートフィルムを差し込む方向を確認してください

必ずラミネートフィルムはシールされた側(接合部)からラミネーターに入れてください。
開いている側からラミネーターに入れるとラミネートフィルムが巻き込んで詰まってしまいます。
ラミネートする前に、同じような紙質のものでテストラミネートを行って、温度状況を確認されてからラミネートすることをお薦めします。

ラミネーターにラミネートフィルムを入れる

巻き込み(詰まり)の原因

下記のような方法でのラミネート加工は行わないでください。巻き込みの原因となり有償修理対象となります。

ラミネーターにフィルムを逆から入れてしまった

ラミネーターにフィルムを斜めに入れてしまった

ラミネーターのローラーに糊汚れが付着していた

ラミネートフィルムを切らないでください

ラミネートする前にラミネートフィルムを切ったり、変形させたりしないでください。ラミネートフィルム巻き込み・故障の原因となります。

ラミネートフィルムの加工

ラミネートフィルムを継ぎ足さないでください

ラミネートフィルムを継ぎ足さないで下さい。ラミネートフィルム巻き込み・故障の原因となります。

ラミネーターの故障防止

大きめのラミネートフィルムを使用する場合は捨て紙を入れてください

最適なサイズのラミネートフィルムがない場合は、大きめのラミネートフィルムを使用し、空いたスペースに捨紙(すてがみ)を入れてラミネートしてください。ラミネート後、適当なサイズに合わせてカットしてください。 空いたスペースが多いままラミネート加工を行うと故障の原因になります。

捨て紙を利用する

こまめに清掃を行ってください

ラミネートが終了しましたら、ローラーの簡単な清掃を行ってください。 ローラーが汚れていますと巻き込みの原因となりますので、加工後クリーニングを行って汚れを取り除いてください。また、古くなった汚れは非常に取りづらくなりますので、できるだけこまめに清掃を行ってください。

清掃の方法

  1. カレンダーやカタログ(中手)の用紙を二つ折りにし、折り目側から機械に挿入する。
  2. これを数回繰り返してください。
ラミネーターを清掃する

ラミネート機(ラミネーター)を長くご使用いただくために

  • 使用時以外は電源をお切りください。
  • 延長コード・たこ足配線はおやめください。
  • ラミネート作業後は、厚紙の空通しでローラーに付着した汚れを取り除いてください。
    ※厚紙はラミネートフィルムの外箱をご活用ください。
ラミネーター